減量とリバウンド

減量とリバウンドについて

減量時に注意すべきことが、もしリバウンドが発生すると減量が無駄になってしまうことです。リバウンドはなぜ起こってしまうのでしょうか。

減量に取り組んだことがあるなら、リバウンドを知る人は少なくありません。減量によって一旦体重を落とすことができたけれど、直後に体重が増加して元通りになってしまうものがリバウンドです。

リバウンドと減量が何度も続いていると、徐々に運動や食事制限の効果が出づらくなって、ダイエットがうまくいかなくなります。なぜ、リバウンドが減量の後に起きてしまうのでしょう。

リバウンドが起きるのは、人間が持ち備えている環境適応能力が原因です。減量するときに摂取カロリーを減らし、食生活を変えることによって体重を急激に減らしたりすると、体内では大きな変化が起こることになります。

摂取カロリー量が減っても生命維持ができるように、人体は代謝を落とし、1日に消費するカロリーの量を少なくして、生きていくための大事なエネルギーを少しずつ使おうとします。

体が飢餓状態になった時に、ダイエットをやめて減量前の食事をすると、代謝は増えず、脂肪の蓄積量は増えて、体重が増加するという仕組みです。

体重の減り具合は、減量の最中で、滞ることがあります。なかなか体重が減らない時期でも、減量時の環境を維持すれば、リバウンドは起きないといいます。

 

サイトマップ